絶対に愛犬には食べさせたくない悪いドッグフードの見分け方

愛犬が長生きするために安全なドッグフードの見分け方

 

愛犬家の方にとって、愛犬の健康を1番に考えられてえさなども考えられていることでしょう。
もちろん、悪いドッグフードを愛犬には絶対に与えたくないものです。

 

では、悪いドッグフードの中にはどんなものが含まれるのでしょうか。

 

・原材料

 

悪いドッグフードと良いドッグフードを見極めたい。そこで、やはり注目すべきなのが、原材料ですよね。

 

例えば、ミートミールという表示はありませんか?ミートミールとは、ごみをまとめてミンチして危険な薬剤で消毒してしかも添加物で味付けをしたものです。
何と、恐ろしいことでしょう。
エトキシキンの表示はありませんか?エトキシキンとは強い防腐剤ですから、愛犬に与えたくありませんよね。

 

さらに、牛肉粉や、豚肉粉というような表示はありませんか?
香料や着色料や酸化防止剤というような成分が入っている場合、もちろんあなたの愛犬の体に良いとはいえないでしょう。

 

発がん性物質であるBHAやBHTが記載されている場合、正直お買い求めいただかないほうが良いかもしれません。
BHAやBHTは酸化防止剤ですが、ぼうこうガンや甲状腺ガンになりやすい物質です。小さい体でガンにむしばまれてしまうというのはかわいそうですよね。

 

・におい

 

また、ドッグフードのあのウッとしてしまうにおいには、うんざりしますよね。
においの原因として考えられるのは、人工添加物を使っていて動物性油脂を使っている場合、手に持ったときにべたべたとしてしまいます。さらに、においもきつくなってしまう原因でしょう。さらに、あぶらは酸化を早めてしまいます。酸化しないように酸化防止剤が入っていることが多いですが、もちろん、愛犬の体に悪いでしょう。

 

また、表示の仕方で念頭においておきたいのが、最初に表示されているのが多く配合されている材料なのです。
ですから、肉系が後に書かれているということは、安価な材料でつくられている粗悪なドッグフードだといえるかもしれません。
しかも、使われてる肉も、ただ同然の悪質な肉を使っているというのです。
人間が食べるにしても、安全さを第一に考えるものです。小さい体はなおのこと、体に取り入れる物の影響を受けてしまいますよね。

 

・グレインフリー

 

表示の中にとうもろこしや米などが書いてある場合も注意が必要です。消化しにくい穀物が多く入っているのなら愛犬の体に負担をかけてしまうかもしれません。消化しにくいものは、不純物となり体内にたまっていってしまうのです。

 

人間が食べるものは厳しく審査されていても、愛犬が口にするものはまだまだ厳しく審査されていないというのが現実なのですね。 
ですから、愛犬が安全に取り入れることができる安全な良いドッグフードか悪いドッグフードかを飼い主の方が原材料を厳しくチェックされて購入されるならこれからも健康で元気な毎日を送ることができるでしょう。