カナガンドッグフードならパピーもシニアも安心して食べ続けられる

カナガンドッグフードならパピーも安心

カナガンドッグフードは子犬も安心して食べられる!

高い栄養価と信頼性で人気の「カナガンドッグフード」。大きな特徴として挙げられているのが、完全穀物不使用であるグレインフリーであること、人工添加物不使用であること、全犬種、全ライフステージ(年代)対応のドッグフードであることなどですね。

 

巷には「パピー用」、「シニア用」など、年代別に分かれたドッグフードも存在しているようですが、基本的に犬は年齢で食べ物を変える必要はありません。強いて言うなら「食べる量」を調整することでしょう。ですから、子犬だからこのドッグフード、歳をとってきたからこちらのドッグフード・・・という風に区別する必要がないのです。

 

カナガンドッグフードは他のメーカーの「パピー用ドッグフード」と比較しても高たんぱくであり、子犬が必要とする栄養素を十分に満たしてくれます。ですから、安心して与えることができるのです。

 

それでも子犬のころはやはりデリケートですから、下痢をしやすかったり食欲にムラがあったりします。飼い主さんがしっかりコントロールしてあげること、なにか異変があった場合はすぐに対応できるようにしておくことなどが必要ですね。

 

愛犬の食事はとても大切なものです。特に原材料に穀物が含まれていたり、不明瞭な記載がある場合は注意しましょう。ドッグフードを選ぶ際はしっかり成分表をチェックし、正しい選択をしていくことが必要なのです。そのために、飼い主は最低限の知識を頭に入れておかなければなりませんし、愛犬の健康維持に努めていくことが大切なのではないでしょうか。子犬時代から老犬時代まで、安心で安全なドッグフードを与え続けることが望ましいと言えるでしょう。

 

 

まとめ

海外産のカナガンドッグフードは、その高い信頼性によって非常に人気の高いドッグフードです。主な特徴としては、穀物を使わないグレインフリーであること、人工添加物不使用であること、どんな種類、どんな年代の犬にでもこれひとつで対応出来るということでしょう。巷には「パピー専用」、「シニア専用」などと年代別に分かれたドッグフードもたくさん存在していますが、基本的にドッグフードを年齢毎に分ける必要はなく、犬は食べる量でうまく調整出来るものなのです。また、カナガンドッグフードは他のメーカーのパピー専用ドッグフード比べても高たんぱくであり、子犬が必要とする栄養素をしっかりと補うことが出来ます。

 

とは言いましても、子犬の体はとても繊細でデリケート。ちょっとしたことですぐ下痢をしたり、体調に変化を来たすことがあります。そんなときにはきちんと冷静に対応できるように心がけておくことも飼い主の大事な役割のひとつですよ。
大切な愛犬の健康を守るため、ドッグフードを購入する際はしっかり成分表を確認して選ぶようにしましょう。穀物が含まれていたり、不明瞭な記載があるものは出来るだけ避けて、安全性の高さを重視することがポイントです。

 

→ → → 世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』はこちら